Menu

スタッフ紹介

Home

フリーダムのスタッフを紹介します

堀田(ホッタ)

堀田(ホッタ)

堀田(ホッタ)

年齢:27歳
職人歴:3年

・休日の過ごし方
車をいじること

・座右の銘
一意専心

・将来のビジョン
所帯を持ち、任される仕事を増やしていきたいと考えています。
所帯を持つこと自体が目的というよりかは、自立して家族を養えるような人となりたいという理想の人物像に近づきたいという思いがあります。
その為に、今できること以上の仕事をこなせるようになりたいですし、仕事の幅が増えれば、それだけ選択肢も増えて、家族も安心して生活できるのではないかなと考えています。
今はまだ、職人歴3年で、社長には及ばない点もたくさんありますが、いつか抜いてやるぞ!という思いで、日々業務にあたっています。
若さをとり得にここまでやってきて、30歳を目前にして、いろいろ考えることもありますが、社長も人材の育成には特に力を入れていきたいとのことなので、これから入ってくるであろう後輩にあたる方には、しっかり教えられるように、自分自身も成長していきたいと思います。

・サイディング施工に興味をもったきっかけ
住宅の外壁でもサイディングが6割のシェアがあり、よく取り入れられている工法だったので。

・仕事でやりがいを感じるとき
一つ一つの現場で建物の外壁を張り終えたとき、任された仕事が、自分で思い描いたように仕上げられたときに、この仕事のやりがいを感じます。
なかなか最初は、部分的なことしか出来ず、最初から最後までを自分一人で完結させることは出来ないのですが、施工をする度に、前回の施工のことや今までの反省を生かしながら、目の前の施工にあたることで、成長してこれたと思います。
もちろん、上司の指導があってのことですが、向上心を持って、仕事に取組み、それが実った時というのは、本当に嬉しいです。

・仕事で気を付けていること
安全第一。
サイディングを取り付ける壁の寸法を図る際、間違えないように気を付けています。
安全であることは、こういった現場での仕事では当たり前のことですが、世の中では手抜き工事とか、私たち作業者の安全以外の面で、実際に使う人が危険にさらされているということを時々耳にします。
私たち作業者が怪我をしたりしないように、安全な作業をすることはもちろんですが、そのあと、実際に使う人のことを考えた施工というのが大切になってくると思います。
また、寸法の計測ミスは数字だけ見ていると起こりやすいミスで、普通に考えれば起こりえないことですが、図面だけ見ていたりすると起きてしまいます。
こうしたミスは、自分の意識の問題で改善出来ることなので、技術的な向上心を持つことと合わせて、決しておろそかにすること無くミスは減らしていきたいと考えています。

・一人前になる為には
職人歴は3年ですが、ようやく一人前と言っても良いぐらいの仕事が出来るようになってきました。
外壁材を取り付ける前の作業や、外壁工事の「水切り」という技術を習得するまでには本当に時間がかかりました。 水切りの板金は、何度も検証して身につけることが出来ました。

・応募者へのメッセージ
外の現場仕事なので、正直なところ作業環境は悪条件になることが多いです。夏は暑いし、冬は寒い中での作業になるので、体力的なこともありますが、気持ち的な部分で根性のある人が向いていると思います。
でも、その分、達成感とかやりがいを感じることが多い仕事でもあります。